FC2ブログ

ゼックスという名の女に会った

                森永製菓 機動戦士ガンダム ウェファーチョコ ゼクス・マーキス(エンドレスワルツ版)



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:05:10.70 ID:+o0CiQmo0
あたしは濁っているから
きれいじゃないから
あなたとはいられない、そう言った

それが二十年前
未だ澄んだゼックスとは会えていない



2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:09:07.68 ID:7VH6PA4nO
俺の名前はセッグス
探偵だ



3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:10:51.09 ID:+o0CiQmo0
>>2あの女を
あの女を探してくれ
名前はゼックス、俺の全てだ


100%最短最速で受験に受かる成功法則


8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:18:44.08 ID:7VH6PA4nO
早速俺はゼックスの足取りを追うことにした
結論から言えば、捜索は難航した

なにせ目撃情報すらあまりに少なく、
捜している自分の存在すら
見失いかねないほどであった
「なるほど・・こりゃまさにシュレディンガーだな」
俺は煙草の煙を見ながらそう呟いた



17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:29:53.33 ID:7VH6PA4nO
そんな折、俺の電話が鳴った
古ぼけた二つ折りのものだが、ちゃんと機能しさえすればこれでいい
いや、むしろこいつに愛着すら感じているのだ
最近のスマホとかいうモノはどうにも使いづらくて敵わない

俺は画面をみた

着信 セックズ



27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:38:48.57 ID:7VH6PA4nO
セックズか・・あの悪名高くも美しき蜘蛛のような女だ
真っ赤なルージュがやけにセクシーで、
首にキスマークがついた男で
生きていられたのはJという男だけだと聞いている
ここ数年は「仕事」をしていなかったようだが、
珍しいこともあるものだ




43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:51:23.74 ID:7VH6PA4nO
「・・・よう 久しぶりだな」

俺はかすかな下心を隠すように
できるだけ静かな声でそう言った
クスリと笑う彼女は、
きっと見抜いたのだろうが、
敢えて素っ気ない声でこう言った




45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:57:32.35 ID:7VH6PA4nO
「考えておこう」
といったものの、さて、どうしたものか・・
あの美しき殺し屋は一体何を考えているのか・・

ふと足元を見ると 芳香剤がある
懐かしい香り・・・そうか・・わかったぞ





46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:01:31.28 ID:7VH6PA4nO
だめだ 仕事行く時間だわ
すまんなwwwww
見つけられなくてwwwwww



51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:04:44.79 ID:+o0CiQmo0
>>46
ギリギリまでありがとうwwwww
いってらっしゃい



19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:32:46.66 ID:JvsSf0+a0
なにこの流れ新しい



4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:13:26.99 ID:fT0oE9Wh0
私の名前はセックズ
殺し屋よ



5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:15:00.57 ID:+o0CiQmo0
>>4あの女を
あの女を殺してくれ
名前はゼックス、俺の全てだ



15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:27:59.99 ID:fT0oE9Wh0
目が覚めた私は隣に寝ている男を起こさないようにベッドを出た
まだ外は暗い
黒いコートを羽織り、
右足のガンホルダーにはワルサーP99
唇にルージュを塗る

「さよならジュリアン。今回の仕事が終わったら、私は殺し屋をやめる」

そうつぶやいて、私は街を出た



28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:39:03.68 ID:fT0oE9Wh0
5時初の電車は北へ向かっている
私は形態のアドレスを開いた

セッグス

おそらく今回の件は彼もすでに動いているはず
追跡と逃亡が入り組んだ殺しの世界で、
彼と私の間には妙な信頼関係があった

しかし今回ばかりは、彼は敵になる可能性がある・・・
先に手を打っておかねば

私は発信ボタンを押した



38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:46:47.53 ID:fT0oE9Wh0
________________

もしもし、セッグス?ひさしぶりね
あなたの耳にももう入っていると思うけど

そう、澄んだZの消失の件
依頼、来てるんでしょ
私と手を組まない?




47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:01:32.31 ID:fT0oE9Wh0
携帯を閉じる
いつの間にか外は明るい
もうすぐゼックスが生まれ育った街、セクサスに着くころだわ

セッグズは曖昧な返事をしたけど、
こちらが動いていることを知らせただけで十分だった
これで彼は自由に動けない

私は本当の依頼主、ゼックスから頼まれたターゲット
セツクスの顔写真を改めて確認した




54以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:21:28.98 ID:fT0oE9Wh0
どうやらセッグスは私の撒いておいたダミー、セッグズの罠にかかったようだ
そう、セッグズはトイレの芳香剤に似せた強力な幻覚剤だった
彼はきっと後12時間は夢のなかでデスクワークをしているはず・・・

街についた私はセツクスの足取りを追った



55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:28:41.51 ID:fT0oE9Wh0
ごめん、俺ももう寝ます限界



56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:31:20.84 ID:+o0CiQmo0
>>55
おやすみ、ありがとうwwwww



6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:16:32.07 ID:3prpuE1r0
僕の名前はセッグズ
トイレの芳香剤だよ



9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:19:13.18 ID:+o0CiQmo0
>>6あの女の
あの女の残り香を消してくれ
名前はゼックス、俺の全てだ



11 【Asuka:0】 あの日見たω・。)アス河童の名前を僕達はまだ知らない。 ◆Mark.SEX8M []:2011/11/12(土) 06:20:26.34 ID:+PI+oQtE0 ?2BP(20)
摂取の名はサッムライ
遠い昔のカブキモノだ



13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:25:14.77 ID:+o0CiQmo0
>>11あの女は
奇抜で、変わった女で、美しい
お前が敵うなら戦ってみろ
名前はゼックス、俺の全てだ



14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:27:54.19 ID:RwCYaKJR0
わてくしの名前はソックス
人類のお供だ



18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:29:57.96 ID:+o0CiQmo0
>>14あの女は
俺のお供だ、誰にも渡さない、誰にも
名前はゼックス、一度、会ったきりだ



22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:35:21.64 ID:RwCYaKJR0
女は私をさも当たり前のように犯した。
私の中に女の肉が入ってくる。
今日も女に犯されながら世界に飛び立つ。
わてくしは希望と共に毎日の繰り返しという絶望を孕みつつ犯される。


そして犯されるうちに穴が二つになり捨てられるのだろう。
わてくしは足便器だ。



24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:36:50.20 ID:+o0CiQmo0
>>22おいソックス
お前何か知ってそうだな
履いてやるから知ってることを吐いてくれ



29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:39:25.72 ID:RwCYaKJR0
ソックス・・・その名はもう捨てた。
捨てたという表現が正しいか否かわてくしには分からないが
肉共はわてくしをクッツシタと暗号で喚ぶようになった。

わてくしはただの足便器。



33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:40:51.27 ID:+o0CiQmo0
おい足便器
能書きは要らねぇんだ
全部話せ、俺は一人でもゼックスを追う



37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:45:44.47 ID:RwCYaKJR0
一人でも追うと吐かれた。
追う為に何を履くと思っているのだろうか。
そのような思考もないだろう。当たり前のことのようにわてくしを犯すのだから。
犯し続けて2穴になりそこで気づくのだ。
誰が排泄容器になっていたかを。

女もそうだった。犯すのが当たり前になり、気付くと犯し終えていたのだから・・・



16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:28:34.06 ID:+o0CiQmo0
俺がこれからの人生で澄んだゼックス
濁点のついていないゼックスに会える確率はいくつほどだろう
お前に会いたい、ゼックス、今どこにいるんだ



20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:33:28.38 ID:TCV5xjEY0
もっと続けなさいよ




25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:37:24.37 ID:tcx+RdFVO
静かに熱いな



26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:38:12.20 ID:2RKH6dod0
例の単語が出ていないとは…



34 忍法帖【Lv=1,xxxP】 []:2011/11/12(土) 06:41:30.62 ID:l8yJX8wc0
私の名はソニック
足が速いらしい



36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:45:12.00 ID:+o0CiQmo0
>>34あの女に
あの女に追いつけるか?
名前はゼックス、俺の全てだ



35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:41:40.52 ID:tcx+RdFVO
なんとなくおもしろい



39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:46:52.94 ID:TGqk0IqxO
俺の名はセツクス
しがない新聞配達人だ



48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:02:19.91 ID:TGqk0IqxO
「最後の新聞だよ」
いつものように最初の客の合言葉はそれだった。
男は初めて見る奴だった。
「ありがとう、100円だったね」
男は合言葉を知っていた。
俺は「最後の新聞」を最初の客である男に渡して
その場を去ることにしたが、男に呼び止められた。
嫌な予感がした。
「この先で崖崩れだってよ、気をつけなよ」
この街に崖はない。
「わかったよ」
男は俺の言葉を受け取ると、ニヤリと笑って姿を消した。
「面倒なことにならなければいいが」
俺は足早にその場を立ち去ることにした。



41以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:49:30.77 ID:fBbfbCv30
俺の名はレックス、安達由美の汚点だ…



42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2011/11/12(土) 06:49:34.53 ID:hGaz4MCA0
俺の名前はゼットン
最期の敵だ



44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 06:53:24.29 ID:+o0CiQmo0
要領を得ないソックスをソファーに向けて投げ捨て、ゼックスの好きなドライマティーニを一口飲んだ。
ゼックスはソックスを犯し、またどこかへ行った。
それを追うのはセッグスやセックズでも難しいことだろう。
俺はドライマティーニを飲み干すとコートを羽織り街へ繰り出した。
街のいたるところにゼックスの残り香があり、脳が揺れた。
まずはセツクスに話を聞こう、街の全てに新聞を配る男だ、何か知っているかもしれない。
俺はセツクスの家へ向かった。



50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:03:48.37 ID:ZZrKUB8a0
はよ 続きはよ



52以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:05:14.66 ID:xUybpXKq0
いつアレを言うのかみたいなハラハラ感と
正体不明の女を追う焦燥感が合わさってカオス



53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:14:37.21 ID:+o0CiQmo0
セツクスは仕事場には居らず、俺は新聞を『合言葉』を言って購入した。
新聞を読みながら自販機で買ったホットのコーヒーをすする。
新聞には大切なことが何も乗っていない、ましてゼックスのことなどなにも。
苛立ちは焦りに変わり、俺はホットのコーヒーを一気に喉に流し込んだ。
熱いコーヒーは酒焼けを起こした喉にひどく染みた。
ゼックスのキスもこんな感じだったと思い返すと、滑稽な自分と相まって笑いが止まらなくなってしまった。
声を出して笑うと、ランニング中のソニックが俺をちらりと見て、不審な顔をした。
俺は新聞を自販機のゴミ箱に突っ込み、携帯を見た。
セックズに殺しを依頼してから十時間は経っている。
一度、経過を聞こう、俺はセックズの元へ向った。



57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:34:02.36 ID:+o0CiQmo0
セックズは電話に出なかった。
何か別の依頼があるとか言っていたことを思い出した。
ならセッグスのところへ行ってみるか、俺はセッグスの仕事場へ向かった。

強引に鍵をあけ部屋に入ると、ツンと鼻腔に懐かしい刺激があった。
この匂いはゼックスの、そう考えた瞬間、目の前にゼックスがいた。
「あたしのことを探してくれたのね」
夢だとわかっていた。
だがゼックスの声、香り、動作、全てが俺を夢中にさせた。
「今のあたしは澄んでる? 澄んだあたしと、一緒になれる?」
俺は無言でゼックスの手を掴んだ。
手が冷たい人は心が暖かいのよ、そう言っていたゼックスの手は、今も冷たい。
ゼックスは俺の唇にフレンチキスをした。
「続き、しよう」

違う。



58以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:39:19.48 ID:+o0CiQmo0
俺はゼックスの口を手で塞いだ。
「お前がゼックスの声で匂いで動きで俺の前に立つな」
ゼックスは驚いた顔をして俺の手を振り払おうとした。
消えろ、そう怒鳴ると、少しだけ残念な顔をし、ユラユラと消えた。
大きく息をつくと、足元のセッグズの芳香剤を蹴飛ばした。
セックズの野郎、裏切りやがったな。
俺は眠りこけているセッグスの荷物から探偵御用達のGPSを抜き取り、頭をはたいてから部屋を出た。
俺だってそれなりに金を積んでる、それを裏切るってことは、あの野郎、何か知ってるな。
GPSでセックズの居場所をとらえた俺はタクシーを止めた。



59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:42:13.32 ID:tcx+RdFVO
>>1がんばれ



60以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:42:51.11 ID:ZZrKUB8a0
なんかじわじわ来るなwww



61以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:50:24.58 ID:+o0CiQmo0
一人になっちゃったからマキで終わせます
もうちょっと待っててね



62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:52:11.45 ID:N9LrWwzXO
支援



63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:52:19.34 ID:+o0CiQmo0
私は足元に転がる新聞配達人と手元の写真を見比べ写真の顔のように顔を整えた。
「死に顔くらいはキレイにね」
依頼を達成したことをゼックスに連絡しようと携帯を取り出した

着信履歴、>>1

女の尻を追うだけのクソ男から連絡があったようだ
どうせ大した用じゃない、私はゼックスの番号を押した
後ろで、扉が開く音がした



64 忍法帖【Lv=2,xxxP】 []:2011/11/12(土) 07:54:20.99 ID:l8yJX8wc0
私の名はレックス
かつてメタルギアと呼ばれていた



65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 07:57:16.39 ID:+o0CiQmo0
>>64あの女を
あの女を喰ってくれ
名前はゼックス、俺の全てだ



66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:00:44.95 ID:+o0CiQmo0
セクサスの街へつき、GPSを頼りに廃屋へ入った。
人の気配のする部屋を見つけ、慎重に中を覗く。
血に汚れたセックズと、床に倒れているセツクス。
それだけで情報は十分だった。
セックズは裏切り、何かを知っているセツクスを始末した。
俺は扉を蹴破り、携帯を取り出したセックズを殴りつけた。
こいつは一流の殺し屋だ、何かをされる前に、動けなくする。
俺はセックズが動かなくなるまで殴り続け、セックズとセツクスを並べた。
死体が二つある部屋ってのも壮観だな、くだらないことを考えながら俺はセックズの携帯を拾った。
画面にはこう表示されている。
ゼックス‐090-×××
通話ボタンを押した。



67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:02:52.49 ID:+o0CiQmo0
「セックズ、依頼成功?」

ゼックスの声が聞こえた。
GPSを探知モードに切り替えゼックスの居場所を探る。

「セックズ、失敗したわね、あなた誰?」

「俺だよゼックス」



68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:03:21.89 ID:xUybpXKq0
早く言えよ
まだ言わないのかよ



69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:06:14.81 ID:+o0CiQmo0
「……まだあたしを追ってるの」

「ああ、もうお前の部屋の前まで来てるぜ」

俺はGPSに示されたホテルの一室、その扉を蹴破った。

「会いたかったぜ、久しぶりだな」

扉の向こうには、ゼックスが澄ました顔で立っていた。

「相変わらず乱暴ね、扉の開け方、間違ってるわよ」

俺は扉を丁寧に戻しゼックスに向き合った。

「あの日の続きをしよう、ゼックス」



71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:12:33.97 ID:+o0CiQmo0
沈痛な面持ちでゼックスは言う。

「私は、あなたにばれないように、殺し屋に依頼してまで、逃げてきたのよ。
こんなに汚いあたしはゼックスのままよ」

「くだらねぇよ」

俺はゼックスを押し倒し、見下ろす形でゼックスと見つめあった。

「さっきからお澄まし顔じゃねぇか、澄んでるぜ?
それにお前はあの時と変わらず綺麗だ。
お前が汚れてるって、俺の方が汚れてるさ、さっきそこで殺してきたんだからな。
気にするなよ、お前は綺麗だ、俺が保証する」

ゼックスは澄ました顔のまま嗚咽を呑み込んだ。

澄みきったゼックスは、もはや濁点は要らない、そう瞳で語っていた。

「名前、呼んでいいか?」

「やっと呼んでくれるのね」

俺は息を吸い込み大きな声で、言った。



72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:13:53.06 ID:+o0CiQmo0

「セックス」




73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:14:48.74 ID:+o0CiQmo0
~fin~



75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:17:25.70 ID:tcx+RdFVO
>>1乙



76以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:17:39.91 ID:ZZrKUB8a0
>>1
なんとなく面白かったぜ 乙



79以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:20:05.39 ID:+o0CiQmo0
ありがとうです
ただの>>1が童貞スレがこんなことになるとは思ってもいませんでした
みんな寝るか会社いくかしてしまいましたが、前半書いてくれてた皆さんに
「終わったよー!」と言いたいです
見てくれた人も本当にありがとう、私もなんとなく楽しかったです!



78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2011/11/12(土) 08:18:59.52 ID:xUybpXKq0
なんだろうこのモヤモヤした気持ち




X JAPAN THE LAST LIVE 完全版 [DVD]X JAPAN THE LAST LIVE 完全版 [DVD]
X JAPAN

ジェネオン・ユニバーサル
売り上げランキング : 372

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事

[ 2011/11/29 23:00 ] 一般 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
スポンサードリンク