FC2ブログ

バナージ・リンクス「アウト! セーフ……よよいのっ!」

          機動戦士ガンダムUC (特装版) (初回封入特典「デルタガンダム」ダウンロード用プロダクトコード同梱)



1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:15:39.72 ID:PO9ypmqz0
ロニ「ジャンケン脱衣ゲーム?」

バナージ「そう。ジャンケン脱衣ゲーム」

ロニ「ジャンケンして、負けた方が脱ぐの?」

バナージ「少し違う。負けたら、相手の指の本数だけ脱ぐんだ。六点取られたら詰」

ロニ「……そんなことして、何か意味があるのかしら?」

バナージ「それは意味のない怨念返しで大勢殺した君が言えることなの?」

ロニ「…………いいわ。やりましょう」

マリーダ「臨むところだ」

オードリー「え、私もやるの?」

バナージ「当たり前だろ!」


100%最短最速で受験に受かる成功法則

2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:20:09.65 ID:PO9ypmqz0
リディ「……ふっ、話は聞かせてもらったよ」

オードリー「リディ!!?」

マリーダ「………ふん」

リディ「バナージ君、こんな楽しそうなことになんで僕を呼んでくれなかったんだい?」

バナージ「………」

ロニ「あ」

リディ「あ」

リディ「殺してすまなかったね」

ロニ「……別に、仕方ないわ」



3以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:22:15.27 ID:mOXx6zkK0
脱げません!



5以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:22:45.10 ID:PO9ypmqz0
>>3
涙腺崩壊



4以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:22:28.32 ID:PO9ypmqz0
リディ「この脱衣ゲームに僕も参加させてもらう。構わないね? バナージ」

バナージ「それは……」

マリーダ「構わん。やらせてやれ」

バナージ「マリーダさん! でもこいつは!」

リディ「ほう、君は……」

マリーダ「マリーダ・クルスだ。お前のことはミネバ様から聞いている」

オードリー「マリーダ!」

リディ「それは光栄だね」

マリーダ「良く語られるバナージの話のついでに、たまにチラッと出てくるだけだ。調子に乗るな金髪」

オードリー「////」

リディ「……バナージィィィ!! お前さえっ!」

バナージ「なんで僕!?」



6以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:23:51.87 ID:Lmsrr/WQO
マリーダさんの裸なんて見ても嬉しくないよな



8以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:24:42.25 ID:PO9ypmqz0
>>6
おめぇ今死んだぞ……



11以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:26:35.88 ID:HlRlfP7g0
>>6
屋上



7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:24:18.59 ID:PO9ypmqz0
オードリー「あ、あのバナージ」

バナージ「なんだい? オードリー」

オードリー「その、もう1人こういうゲームに相応しい人がいると思うんだけど……呼んだ?」

リディ「そうだバナージ。あいつを呼んでいないのか?」

バナージ「……のこと?」

マリーダ「いや、あれはいい」

ロニ「いらないと思うわ」

バナージ「……そういうことなので」

リディ「ふっ怖気づいたのか? 僕だったら例えあの赤い彗星の再来と言えど全裸に…」

バナージ「いや、見たくもありませんし、普通に面倒くさそうだから呼びませんでした」

オードリー「私も絶対に来て欲しくないわ……」

リディ「君がそう言うなら……しかし……」



9以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:25:20.45 ID:PO9ypmqz0
バナージ「男の僕でさえあの人に肌を見られたくないんだ。女性陣の、苦痛たるや相当なものだと想像できる……」

リディ「だ、だが、だからこそいいというものもある!」ボソボソ

バナージ「このゲームは男女がある程度揃って初めて始められるものなんです。やる前からメンバーに忌避されては元も子もないですよ」

リディ「くっ……それもそうか」

バナージ「脱衣ゲームをするために、感じる心を止めては駄目なんだ!」



13以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:28:12.89 ID:PO9ypmqz0
アンジェロ「うぉぉまえらぁ!!! 雁首揃えて大佐を貶めるとはっっっ!!! 死ぬ覚悟が出来ているんだろぉなぁ!!?」

バナージ「くっしかしやはり来てしまったか……赤い彗星の再来!」

フルフロンタル「ふっ、認めたくないものだな……青少年少女達に蛇蝎の如く嫌われているという純然たる事実を」

アンジェロ「大佐がロリコン、シスコン、マザコンショタコン(←new!) の四重苦だと!!? 恥を知れ! 恥を!!」

フルフロンタル「よせ。アンジェロ大尉。女性陣が引いている」

バナージ「出ていってください。貴方がここにいると、ゲームが始められない」

アンジェロ「貴様っ! それは敵側の理論だ! 大佐が出ていったら、大佐がゲームに参加できないではないか!?」

バナージ「でも、事実です。そういったことも、世の中にはあると思います」






リディ「まずいぞ……。このメンバー突っ込みが誰1人としていない」



14以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 19:29:47.42 ID:ORIaRmJ/0
ツッコミなんて要らない



15以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:30:03.59 ID:PO9ypmqz0
オードリー「フルフロンタル」

フルフロンタル「何かな? ミネバ様」

オードリー「私は貴方がここに存在する限り、このゲームに参加することを断固拒否します」

マリーダ「姫様が、そう仰るのなら、私もそれに従います。大佐、貴方がいる限り私は一糸たりとも、脱ぐつもりはありません」

ロニ「私も貴方に従う必要はないと、そう生前仰せつかいまいましたので」

アンジェロ「き、貴様らぁ……この売女どもめぇ」

フルフロンタル「アンジェロ大尉、よせと言った。しかしミネバ様、貴女は少し思い違いをしていらっしゃる」

ミネバ「何だと言うのでしょうか?」

フルフロンタル「私は直接このゲームに参加するつもりはない。ここにはアンジェロを名代として置いてくるために足を運んだのだ」

アンジェロ「そうだ! この様な俗な遊びを大佐自らなさる必要はない! 私1人で十分だ!」

フルフロンタル「つまり、君達の柔肌を見れるか否かは、彼の勝敗にかかっていると言うわけだ」キュピン!!

全員____ゾクゾクゾクッ

バナージ「……おぇっ」



16以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:32:26.54 ID:PO9ypmqz0
リディ「お、怖気づいたか! 赤い彗星!」

フルフロンタル「私がいるか否かで、ゲームが始まらないかもしれない瀬戸際なのだ。臆病にもなる」

バナージ「でも、僕達にはアンジェロ大尉の参加すら拒む理由だってあります」

アンジェロ「ほう……だが、本当にそれでいいのかな?」

オードリー「どう言う意味です」

フルフロンタル「ふっ、見せてやれ。アンジェロ大尉。ただし一部のみだ。全てを見せる必要はない」

アンジェロ「了解です。大佐」脱ぎっ

チラ…

女性陣____!!!

アンジェロ「ふふふ……売女どもめ」



17以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:34:41.30 ID:PO9ypmqz0
バナージ「くっ、どういうつもりだ!!? フルフロンタル!!」

フルフロンタル「君にはわからないのか? 脱衣が目的のこのゲーム、女性陣がリスクだけを背負って参加するわけがない。ともすれば彼女らが求めるのはなんだ? それは男の裸だ」

リディ「……くっ、まさか、そういうことか!?」

フルフロンタル「危なかったね、バナージ君。今さっきまで君は、直ぐにでも全裸に剥かれる可能性を孕んでいたのだよ」

バナージ「どういうことです?」

リディ「バナージ、君はこのゲーム、ワンオンワンの個人戦にするか、入り乱れての団体戦にするか、決めていたのかい?」

バナージ「い、いや、それは今から決める予定でしたけど」

フルフロンタル「つまりはそういうことだ。恐らく彼女達は団体戦を提案したであろう。そして、初手に出したであろう手は、恐らくグーだ」



18以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:36:16.51 ID:PO9ypmqz0
バナージ「グー!? ちょっと待ってください。勝った指の本数だけ脱衣を強いるゲーム、買っても0枚、負けたら大量失点を約束されるグーを揃って出すメリットになんてあるんですか!?」

リディ「彼女達は、恐らく初戦は捨てるつもりだったんだ……。そしてもし君がパーで勝ち、恥じらいつつも一枚ずつ衣服を脱っしていく様に君が思考能力を無くし、またパーを出したところで勝負を決めるつもりだったんだ」

バナージ「そんな……」

フルフロンタル「もしも君が初手にチョキを出して負けていたら、やはり次もグーを出していただろう」

バナージ「さすがに、二回連続は怪しみますよ」

リディ「それはない。何故なら僕がいるからだ」

バナージ「? 何故です?」

リディ「僕は初手、二手、共にパーを出すつもりだったからね……二回チャンスがあれば、きっと女性陣は脱がされていた。そして三手目以降も、僕はパーを出すつもりでいた……。
そしてきっと、彼女達は女子にはハンデが必要だと言って、負けた次の回から男子は負けた指の合計で脱がされるよう約束を強いてきただろう」

フルフロンタル「既に半裸となっている彼女らの提案に逆らえるわけもない。不確定要素はあるが、きっと成功していたであろう作戦だ。彼女達は揃ってニュータイプに近しい人類だからね」

リディ「分割戦法もあり得る。まずはオードリーの従者らしい彼女が脱ぎ、僕らのパーを誘発するとか」

バナージ「なんてことだ……」



19以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:37:24.74 ID:PO9ypmqz0
バナージ「リディ少尉は、全員が五枚脱いでも、パーを出すつもりだったんですか?」

リディ「圧倒的に勝つ! それが僕の正義だ」

フルフロンタル「正義だけでは人は救えんよ。そもそも、このゲームには決定的な穴がある。バナージ君は目先の利益に囚われて気づかなかったようだがね。このゲームは結託してチョキを出し続けるだけで失点がなくなる」

バナージ「………あ」

リディ(気づかなかった)

フルフロンタル「全く度し難い愚か者達だよ君らは」



20以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:38:32.63 ID:PO9ypmqz0
フルフロンタル「そこで提案なのだがね、もっとシンプルに負けたら一枚脱ぐというのはどうだろうか」

バナージ「構いません。僕の立てたルールでは、ゲームとして成り立っていないと知りました」

リディ「おい、レディ諸君、ルール変更だ! 気づいていたかは知れないが、このゲームは決定的な穴があるんだ」



女性陣____気づいていなかったのはお前達だけだ



22以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:41:10.59 ID:cw3Bnx6NO
始まる前からなんという心理戦
これがニュータイプの力か



21以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:40:12.78 ID:PO9ypmqz0
オードリー「ルール変更はそれで構いません。しかしフルフロンタル、ゲームに参加しない貴方に肌を見せる理由を私には未だに見出せないのですが?」

フルフロンタル「アンジェロ大尉の柔肌、ということでは不服かな?」

オードリー「……」

ロニ「大人のやることとは思えませんね」

マリーダ(今一瞬、姫様が逡巡していらした……)

マリーダ「……バナージ」

バナージ「なんですマリーダさん」

マリーダ「耳を貸せ」

リディ「なんだそれ、いいな。僕も入れてくれ」

マリーダ「じゃあ、お前も来い」

ガシッ【リディマリーダバナージ】 ガシッ



23以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:42:04.71 ID:PO9ypmqz0
マリーダ「姫様がアンジェロ中尉の裸体に興味を抱いていらっしゃる」ボソボソ

バナージ「なんだって!?」

リディ「そんなまさか。そんなことはあるまい」

マリーダ「お前にはわからなくても仕方がないだろうが、先程フルフロンタルがアンジェロ大尉の露出を条件に出した時、姫様は一瞬考え込んでいらした」

バナージ「そう言えば確かに、テンポがおかしたったように思える」

リディ「適当なことを、後出しで言って!」

マリーダ「煩い親の七光り。とにかく今は対策を抗じねばならない時だ。お前達協力しろ」

バナージ「はい!」

リディ「い、言いたいことを言いたいだけ言ってさぁ……」プルプルッ



24以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:44:06.05 ID:PO9ypmqz0
リディ「僕は降りさせてもらう。こんな戦い方は、フェアじゃない」

マリーダ「……いいのか? 姫様の肌を見る機会を永久に失うことになるぞ?」

リディ「ちょ、ちょっとひっかかるが、どういうことだ!? 説明してみろ」

マリーダ「姫様もお年頃ということだ。だからと言って甘やかすばかりでは良い傾向とは言えない。ここはどちらかにすべきなんだ」

バナージ「そもそもアンジェロ中尉の参加を認めないか、もしくは彼が脱ぐ前にオードリーを敗退させるかと言うことですね。わかりました」

リディ「くっ……ニュータイプってやつはぁ!」

マリーダ「で、七光り、お前はどうするんだ?」

リディ「協力するさ! だが僕は後者になった場合にしか協力はしないからな!」

マリーダ「それで結構だ。大尉の参加については姫様が談判していらっしゃる。それの如何で今後の作戦を話し合おう」

バナージ「オードリー自身に決めさせるということか」



25以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:44:32.31 ID:nC+0ryFp0
ドズルとハマーンが生きてたら確実に戦争になってるな



26以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:46:39.45 ID:PO9ypmqz0
フルフロンタル「では、これならどうだろうか? 私はここからいなくなる。だから写真で良い。それも4点目のものでな」

オードリー「写真すら見せる気すら起きないのですが。しかし貴方ほどの男がなぜそこまで譲歩を?」

フルフロンタル「私は端から君達が全て脱ぐとは思っていないのだよ。その覚悟も、決意も、君達は持ち合わせていないと、そう理解している」

オードリー「ぶ、無礼な!」

フルフロンタル「アンジェロ大尉は脱ぐ。一枚たりとも、躊躇うことなく。なんならどうだろうか? 大尉の持ち点は五点でも良い。いけるかね? 大尉」

アンジェロ「何も、問題ありません」

フルフロンタル「そして、更に彼にはパーとグーしか出さないと命じる。それでも、君はこの戦いから逃げるというのかね? ミネバ・ラオ・ザビ殿」

オードリー「くっ……」

ロニ「私は、貴方に何のデメリットも無いし、もし貴方がデメリットを負うとしても、私が得るものが無いのが問題だと、そう思うのですが」

フルフロンタル「ほう……」



27以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:47:47.24 ID:PO9ypmqz0
ところどころ大尉が中尉になってるけど見逃して下さい、見逃して下さい



28以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:51:05.19 ID:PO9ypmqz0
フルフロンタル「私にデメリットは無い、確かにそうだ。だが私がメリットを得る可能性を孕むことによって、君達がメリットを得る可能性を生み出すことにも繋がる。君達は見たくはないのかね? アンジェロ大尉の恥美と淫靡に満ち満ちた柔らかくもしなやかな白肌を」

アンジェロ「ふふふ……」チラッ ムキムキッ!

ロニ「くっ////」クラッ

オードリー「良いでしょう。受けて立ちます。ただし、私に限っては貴方がデメリットを負うことによるメリットはあります。もしもアンジェロ大尉が敗北し、全裸に剥かれることがあれば、貴方にも罰を受けてもらう所存です」

アンジェロ「大佐……!」

フルフロンタル「構わん。大事の前の小事というものだ。良いでしょう。して、罰とは?」

オードリー「坊主で」

フルフロンタル「………了承した」



29以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:53:00.20 ID:PO9ypmqz0
マリーダ「あっちの話はついたようだな」

バナージ「アンジェロ大尉は……どうやら参加するみたいです」

リディ(やった!)

オードリー「皆さん、アンジェロ大尉は参加します。フルフロンタルはいなくなります。それから、大尉の持ち点は私達と違い5点です。それ以外については……変更はありません。マリーダ、ちょっと」

マリーダ「はい、姫様」



31以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:54:09.92 ID:PO9ypmqz0
オードリー「マリーダ、アンジェロ中尉はパーとグーしか出さないわ」

マリーダ「? 何故です」

オードリー「さっき協定で決まったの。で、その、マリーダ、私に協力して欲しいの」

マリーダ「何をですか?」

オードリー「あ、あのね、マリーダ、さっき協定で、フルフロンタルにもアンジェロ中尉が負けた場合、罰を科すと決めたの。だから、私達が協力してアンジェロ中尉を敗北せしめれば……」

マリーダ「ではそのことをバナージにも…」

オードリー「か、彼は駄目よ!」

マリーダ「? 何故です? チームで協力するならメンバーは多いに越したことはないはず。何か…」

オードリー「う、後ろめたいことなんて無いけど、と、とにかく駄目なの! お願い、マリーダ! 何も言わずに私に協力して!」

マリーダ(……困ったお人だ)



32以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 19:56:44.85 ID:PO9ypmqz0
ロニ「バナージ」

バナージ「なんです? ロニさん」

ロニ「さっきなんでかミネバ様は伝えなかったけれど、アンジェロ大尉はグーとパーしか出さないみたい」

リディ「? なんでそんなハンデを」

ロニ「知らないけど、そこまでしてでも私達の裸を見たいのかな、あの大佐は。バナージはどう思う?」

バナージ「見たくなきゃこんなゲームしないだろ」

ロニ「それもそうね」



33以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:01:28.11 ID:PO9ypmqz0
六点の内訳は、靴下、上着、ズボン、肌着、ブラ、ショーツ
だいたいこんな感じ
順番は自由だけど別に深い意味はない



34以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:02:06.50 ID:PO9ypmqz0
バナージ「さぁジャンケン脱衣ゲーム! 開幕だ!」

リディ「よし!」

マリーダ「バナージ」ボソ

バナージ「わかってます。さっきロニさんから聞きました」

マリーダ「ま、負けない!」

アンジェロ(くくく、大佐の手の内で踊るがいいさ。売女どもめ……)

ロニ「何から出すべきかな」



35以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:03:14.80 ID:PO9ypmqz0

______


フルフロンタル「いいか、アンジェロ、君はパーしか出すな。それで二回前後はミネバ様を脱がせられる」

アンジェロ「はぁ。しかしよろしいのですか? ここまでやつらにハンデをくれてやるなど」

フルフロンタル「構わん。もとよりこの髪もズラだ」カパッ

アンジェロ「あ、そうだったんですか……」

フルフロンタル「ミネバ様の写真、頼んだぞアンジェロ」

アンジェロ「この命にかえても!」


________





36以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:04:14.50 ID:PO9ypmqz0
バナージ「最初はグーから始めますよ、それでは!」

全員____最初はグー!!

ジャンケン……!!



バナージ、リディ、マリーダ「「「チョキ」」」
オードリー、アンジェロ「「パー」」


オードリー「な、マリーダ!?」

マリーダ「すみません。間違えました」

バナージ「よっし!」

リディ「まずは一枚!!」

ロニ「私もパー……」



37以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:05:59.67 ID:PO9ypmqz0
ミネバ「マリーダ……貴女まさか!?」

マリーダ「申し訳ありません。まさかパーだとは……。ここは裏をかいてのチョキかと……」

ミネバ「くっ……!」

リディ「どこにする? バナージ」

バナージ「まずはそうだな……ソックスから脱いでくれ。オードリー」

オードリー「貴方達が決めるというルールはありません!」靴下ぬぎぬぎ

ロニ「……余り女の子らしい靴下ではないから恥ずかしいな」

アンジェロ「なに、武人に色気はいらんよ」バサッ

オードリー(アンジェロ大尉が上着を……!?)



38以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:07:50.69 ID:PO9ypmqz0
バナージ「それじゃあ次だ!」

全員____最初はグー!!

ジャンケン……!!


バナージ、リディ、マリーダ、ロニ「「「「チョキ」」」」
オードリー、アンジェロ「「パー」」

オードリー「マリーダァァァアアアア!!!!」

マリーダ「はい。そうです。そういうことです」

ロニ「あー、やっぱりね」

バナージ「ロニさんやるじゃないか」

リディ「しかし問題はここからなんだ」

アンジェロ(ここまでは大佐の予想通り……)

マリーダ(アンジェロ大尉も脱いでいるが……まぁ姫様もそれどころでは無いみたいだし、いいか)



39以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:09:06.35 ID:PO9ypmqz0
オードリー「くっ……」バサッ

バナージ(まだ、上着。大したことじゃない)

リディ(問題はここから、そう、ここからなんだ)

アンジェロ「では、私はズボンを脱ごうかな」

マリーダ「露出狂だったのですか」

アンジェロ「まさか、作戦だよこれも」

ロニ(眼福だわ……)キラキラ



40以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:10:02.25 ID:yomwTYyc0
支援
dsc00126_convert_20120228140058.jpg 


43以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:11:23.79 ID:PO9ypmqz0
>>40
ここのBGM大好き



42以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:10:42.61 ID:PO9ypmqz0
オードリー(マリーダ……なぜ私を裏切るような真似を)

マリーダ(姫様、申し訳ありません……。できることなら早く御棄権を)

バナージ「次行くぞ!」

全員____最初はグー!!

オードリー(そう、そうなのね! マリーダ! 浮気はいけないものね! 貴女はそれを私にわからせようとわざと……!)

オードリー(私、負けません! マリーダ、わからせてくれてありがとう。バナージ、私、間違ってた。貴方の為にも勝ちます!)

ジャンケン……!!



バナージ、リディ、マリーダ、ロニ「「「チョキ」」」
アンジェロ、オードリー「「パー」」



オードリー(くっ!!!)



44以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:14:32.55 ID:PO9ypmqz0
バナージ「きた……」

リディ「ついに……」

オードリー「ちょ、ちょ、ちょっと! 殿方と女性が同じ点数っておかしく無いかしら!?」

バナージ「じゃあ僕等も5点でいいよ」

リディ「ああ」

オードリー「そ、そんな投げやりに譲歩を……」

マリーダ「姫様……」

オードリー「マリーダ! 私……あのっ」

マリーダ「写真は私が撮ります。現像したものだけフルフロンタルに渡すつもりです。ネガもデータも私が処分いたしますのでご心配なく」

オードリー「マリーダァァ!」

アンジェロ「お見苦しいですよ。ミネバ様」シャツぬぎっ

オードリー「あ、貴方はフルフロンタルが丸刈りになってもいいの!?」

アンジェロ「もとより大佐はズラです」パンツ靴下

オードリー「は、は、


謀ったなシャアァァァアアアア!!!!!」



45以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:15:48.08 ID:yomwTYyc0
バナリディは可能性のカップリング
org2689180.jpg 


46以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:18:30.89 ID:PO9ypmqz0
なんで僕のssにはホモばっかり湧くんですかねぇ…



47以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:19:13.14 ID:PO9ypmqz0
____結局、オードリーは次のジャンケンにて四点目をパーで失った時点で棄権、写真は後日フルフロンタルに送られることとなった

マリーダ「姫様……おいたわしや」

リディ「ウフ、ウフフフ……」

マリーダ「………」ジロ

リディ「ん、んんっ! おいバナージ、気づいたか?」

バナージ「あ? え、ええ。でも、どう捉えるべきかはまだ……」

アンジェロ(どうやら彼らは気づいたようだな……。あの売女も、まさか感づかんはずもなかろう。どうしたものか) パンイチ

ロニ「じぃ……」ドキドキドキ……



48以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:20:40.99 ID:cw3Bnx6NO
ええい、マリーダさんの裸はまだか



49以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:21:56.42 ID:PO9ypmqz0
アンジェロ「君……」ボソ

ロニ「は、ふぁい!」

アンジェロ「ふふ、可愛いね、君。君みたいなウブな少女が裸に剥かれるのは、とても許し難いことだ」

ロニ「そんな、私なんてっ……。どうせ死ぬまで復讐と怨嗟の為だけに生きてきた女です……。ミネバ様みたいに美しくもないし……」

アンジェロ「いや、君は、今こそが真に美しいんだ。如何に飾ろうとも醜い物は醜い。父の思いに殉じ、そして、最期に確かに救われた君は、とても、輝いていたんだよ……」

ロニ「輝いていた……私が」

アンジェロ「頼みがあるんだ。私はパーしか出せない。敵もそれに気づいている。だから…」



50以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:22:55.46 ID:PO9ypmqz0
リディ「どうする? バナージ」

バナージ「様子を見る必要があると思う」

マリーダ「私も同意見だ。君、ちょっといいかな」

ロニ「な、なに?」

マリーダ「次は全員でパーを出す。ロニ、と言ったかな?」

ロニ「ええ」

マリーダ「協力してはもらえないだろうか」

ロニ「………ええ」ふいっ

バナージ「……どこかおかしい」

リディ「……僕ですら気づけるぞ」



51以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:24:46.04 ID:PO9ypmqz0
リディ「バナージ!」

バナージ「わかってる! (相談の時間を与えちゃダメだ!)」

全員____最初はグー!!

ジャンケン……!!

アンジェロ「パー」
ロニ「グー」
バナージ、マリーダ、リディ「「「パー」」」

アンジェロ「くっ、役立たずめ! 敵側と相談したなら如何様にも変えられただろうに」

ロニ「私は……私は、どうすれば良かったの……」

バナージ「ロニさん……ズボンからお願いします」



53以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:26:00.19 ID:PO9ypmqz0
___結局ロニはこのまま4連続グーで負け、恥じらうこともなく、全て脱ぐが、男性陣のもういいだろう、許してやれよ……。という声により、棄権、敗退した。

ロニ「………」

バナージ「あ、あのロニさん、脱げとは言いましたけど、ちゃんと隠すところ隠してくれないと……。見せるというルールはないんだから」

ロニ「………」ぐすん

リディ「な、なんで見てるこっちが、悲しくならなきゃいけないんだ……」

マリーダ「しっかり見ておいて今更何を言う」

アンジェロ「哀れな女だ」パンイチ



55以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:27:32.97 ID:PO9ypmqz0
バナージ「だ、だがロニさんの尊い犠牲ではっきりした!」

リディ「ああ!」

マリーダ「ああ」

三人「「「あいつはパーしか出さない!」」」


アンジェロ「……ふっ、本当にそうかな」パンイチ

バナージ「別にそうでなくとも二分の一でお前は負ける! それに後一点の勝負だ」

アンジェロ「まだ私が二手しか出せないと、果たしてそう言い切れるかな?」

リディ「ど、どういうことだ!?」

アンジェロ「あの密約は、ミネバ様がいらっしゃる時にだけ有効なものだと……。そういうことかもしれないだろう?」

マリーダ「確かに……。フルフロンタルは目的を達成した。その上この場に姫様がいらっしゃらない以上、密約がどう言ったものかは確認出来ない」

バナージ「ロニさんも聞いてなかったっけ?」

バ、マ、リ、ア「「「「……………」」」」

ロニ「え、ええ。聞いていたわ」



56以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:29:18.34 ID:PO9ypmqz0
リディ「で、どうなんだ!?」

バナージ「あいつはもう全部の手を出せるのか」

マリーダ「………」

ロニ「わ、私……」

アンジェロ「………本当のことを言いたまえよ」

ロニ「!? で、でもっ……」

アンジェロ「君がそうなった責任は私にもある。大佐は目的を遂げた。ならばその後に私がどうしようが咎めることはあるまいよ。今更裸になることに抵抗もない。それに、お礼をしなくてはね」パンイチ



____そして残るプレイヤーは三人となった



57以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:30:44.36 ID:PO9ypmqz0
ロニ、アンジェロ____イチャイチャイチャイチャ…

バナージ、リディ((僕等一枚も脱いでいないのに何この敗北感……))

バナージ「……しかし、僕はまだ続けるつもりだ」

リディ「ふ……付き合うよ、バナージ。僕も手伝おう」

バナージ「リディ少尉!」

マリーダ「なんだ? 私の裸なんて見たいのか?」

バナージ「はっきり言うと、とても見たい。寧ろここまでは前座だと言ってもいいくらいです。マリーダさん」

マリーダ「別にわざわざこんなことをせずとも、バナージになら見せても良いのだが」

リディ「……自分で、勝ち取った物にしか意味はない!! そうだなバナージ!?」

マリーダ「お前は必死か」



59以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:31:57.17 ID:PO9ypmqz0
バナージ「それでは始めましょう……!」


バナージ、マリーダ、リディ____最初はグー!!

ジャンケン……!!



____かくして、ゲームの勝利者は……

未完



62以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:35:53.48 ID:cw3Bnx6NO
なん……だと……



63以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:36:18.44 ID:I7sXt0SE0
続き...続きを......



64以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:41:19.36 ID:PO9ypmqz0
書きた溜めがもうない



65以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:46:57.79 ID:PO9ypmqz0
安価してもいい?



66以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:48:40.10 ID:cw3Bnx6NO
どうぞ



67以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:49:56.28 ID:PO9ypmqz0
ジャンケン……!

バナージ「>>67」
リディ「>>68」
マリーダ「>>69」



68以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 20:50:13.03 ID:epe+nqIG0
パー



69以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:50:49.74 ID:PO9ypmqz0
馬鹿か俺は

ジャンケン……!

バナージ「>>69」
リディ「>>70」
マリーダ「>>71」



70以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:50:56.14 ID:cw3Bnx6NO
グー



71以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:51:13.19 ID:PO9ypmqz0
もう次と、その次で!!



72以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:52:23.12 ID:PO9ypmqz0
ジャンケン……!

バナージ「パー」
リディ「グー」
マリーダ「>>次」



73以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:53:19.77 ID:cw3Bnx6NO
パーっ



75以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 20:58:24.91 ID:PO9ypmqz0
ジャンケン……!

バナージ「パー」
リディ「グー」
マリーダ「パー」

リディ「くっ……!」

バナージ「野郎は前座なんでさっさと脱いで下さい」

リディ「テメェwwww レ、レディもいるんだぞ! 勿体ぶらせろよ!」

マリーダ「お前私の経歴を知らないのか?」

リディ「そんなもん、関係あるもんか!」

マリーダ「あぁ、なるほど。お前は主体性が、ないんだな」

リディ「……脱げばいいんでしょ! 脱げばぁ!」

バナージ(しかしやっと本当に野球拳らしくなってきたな。さっきまでのは、とんだ茶番だ……)



77以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:01:04.00 ID:cw3Bnx6NO
誰得な結果になってしまった



78以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:03:24.64 ID:PO9ypmqz0
バナージ「それじゃあ次行きまーす」

リディ「テンション上げてけテンション!!」

マリーダ「脱ぐのが好きそうだな」

リディ「そうじゃない! 気持ちで負けちゃだめなんだよぉ!」

バナージ「気持ちだけでは何も解決しませんよ」

リディ「もういい! この冷血動物どもが! 僕が音頭を取る!」



リディ「最初はグー!!!!」


バナージ(そういう時に限って人は負けるんだよな)

マリーダ「暑苦しいやつだ」


____ジャンケン……!


バナージ「>>80」
リディ「>>81」
マリーダ「>>82」



80以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 21:06:29.58 ID:epe+nqIG0
パー



81以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:06:52.48 ID:cw3Bnx6NO
グー



82以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:06:56.62 ID:PO9ypmqz0
チョキ



83以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:09:14.46 ID:PO9ypmqz0
リディ「あいこかよ!!!」

バナージ「ふぅ……」

マリーダ「それなりに緊張するな」

オードリー「マリーダ! 頑張って!」

マリーダ「姫様……敗者がなぜお召し物を着ているのです?」

オードリー「酷い!」



84以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:12:05.57 ID:PO9ypmqz0
リディ「君も戻って来たなら参加するべきだ」

オードリー「……リディ、み、見損ないました」

リディ「ほう……」

オードリー「貴方がそのような下衆だったとは…(思っていたけど)」

リディ「バナージ」

バナージ「オードリー」

オードリー「バナージ! わ、私……」

バナージ「参加する気が無いなら真剣勝負の邪魔だ。帰ってくれ」

オードリー「………うっ、うう」しくしく



85以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:15:10.81 ID:PO9ypmqz0
マリーダ「バナージ……貴様」

バナージ「マリーダさん、俺、絶対にマリーダさんを、脱がすって決めたんです。戦って下さい。もし俺に怒りを覚えるのなら、ジャンケンで俺を脱がして晴らすべきなんです」

マリーダ「………いいだろう。後で吠えづらかくなよ。お前のデータは消してやらんぞ」

バナージ「臨むところです!」

オードリー(私の立場は……?)

リディ「何でもいいから早くしてくれ……。つま先が冷える」



86以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:16:19.75 ID:ASfZd3zl0
あんただけは…脱がす!



87以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:17:15.74 ID:PO9ypmqz0
____バナージ、リディ、マリーダ「
「「最初は、グー!!!」」」


____ジャンケン……!!


バナージ「>>88」
リディ「>>89」
マリーダ「>>90」



88以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 21:18:18.85 ID:epe+nqIG0
パー



89以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:18:58.67 ID:wF2BvCiZ0
グー



90以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 21:20:33.32 ID:pCRGdf620
ぐー



91以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:23:45.39 ID:nAqsFw8g0
マリーダさんの一枚目えぇぇえぇぇっ!



92以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:24:52.97 ID:PO9ypmqz0
リディ「さて……僕も負けたわけなのだが、ついに、君も一枚失うことになったわけだな」

バナージ「………」ドキドキ

マリーダ「どこがいい?」

バナージ「え?」

リディ「ふ、そうだな……」

マリーダ「お前はあっちに行ってパンツでも脱いでいろ。敗者には聞いていない。バナージ、どこがいい?」

バナージ「」バックンバックンバックンバックン(心音)



リディ「なんだよこれぇ! 接待かよ! バブルの飲み屋じゃねぇんだぞ!!!!」



95以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:27:51.46 ID:PO9ypmqz0
バナージ「>、>>97でお願いします」

>>33を参考に
別に何でもいいけど持ち点は6固定
男子は5点



97以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:29:28.98 ID:iOtT01uN0
靴下



100以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:30:48.77 ID:YyhBmELm0
クソゥ・・・クソゥ・・・
服の下から手突っ込んでヘソチラしながらブラ外すとか最高だろうが…



102以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:30:53.12 ID:OxjpChPQ0
靴下脱がせるとか何考えてんだよ



108以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:38:13.84 ID:nAqsFw8g0
むしろ靴下は残せよ素人め



119以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:56:32.56 ID:+C5kPGyN0
>>108
握手を申し入れたい
素晴らしい



103以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:32:19.03 ID:PO9ypmqz0
バナージ「く、靴下で……」

マリーダ「……」ポカン

リディ「………」

マリーダ「………まさか、靴下が欲しいとかそういうことか?」

リディ「なるほど!」

バナージ「え? 別に、違いますけど」

マリーダ「………」

リディ「………」

マリーダ「……まぁ、別にいいさ」ぬぎぬぎ



104以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:33:20.20 ID:YyhBmELm0
ほれ見たことか!拍子抜けだよ!



109以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:38:53.90 ID:PO9ypmqz0
リディ「説明を希望する!」

マリーダ「余計な時間を使うな」

リディ「だって、聞きたい!」

バナージ「特に理由はありません。強いて言うなら、物事には順序があると思うのです」

リディ「意表をついた順番を選ぶということも多いに意義あることだと考えられないか?」

マリーダ「ちなみにお前は何を脱いで欲しかったんだ?」

リディ「ブラジャーだ」

オードリー「サイッッッッッッッテーーー!!!!!!! し、し、信じられないわ!!! あ、貴方って人はっっ! 一瞬でも根はいい人なのかもと思ってた自分が恥ずかし…」

マリーダ「まぁ、妥当だろうな」

リディ「それみたことか!」

バナージ「しかしテンプレートです。今更真新しい選択肢ではない」

オードリー(え……これ、私無視されてるの? え? え? え!?)



110以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:39:00.79 ID:hoo+jjHf0
上着でもよかったかな
NT的要素使えばバナージ勝てるよ



115以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 21:49:08.35 ID:SgyX5I7G0
ミネバさまwww



116以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:51:18.67 ID:PO9ypmqz0
リディ「しかし、まだまだテンプレとしては磨り減っていないテンプレを選んだと自負している! 十分価値のある選択肢だ」

バナージ「こんなもの、太古の昔から外した選択肢として持て囃されたパターンですよ。貴方はもっと歴史読み解くべきだ」

リディ「君の言うことも分かる。しかしこの場合、過去の例など意味を成さ無いとも知るべきだ。僕はこの場において、
今この瞬間、意表をついた展開を望んだんだ。歴史など無意味だ。何故なら僕はこんな展開を実際に体験したのは初めてだからね。君とてそうだろう」

バナージ「もちろん……ありません」

リディ「ならばこのシチュエーションに憧れはないのか! もし無いというなら、僕は男として君を軽蔑しかねない」

バナージ「あるに決まってますよ!!」

リディ「なら何故靴下を選んだ! 言え! バナージ!!」

バナージ「そこまでわかっているなら安心しまきた。貴方を男と見込み、本音を言いましょう」

リディ「生半可な答えじゃ許さないぞ」

バナージ「リディ少尉、貴方の要求は相手が淫乱な売女に限って魅力を持つリクエストです。僕にとって、マリーダさんは……淑女なんです!!!」

リディ「………!!!!」



117以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:53:12.09 ID:nAqsFw8g0
馬鹿な!
淑女ならなおさらだろうに!
売女の脱ぐブラに何の価値があるというのか!



118以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:53:56.92 ID:pSr3TzJb0
まぁぶっちゃけ淑女で可愛ければどこ脱いでも問題ないよね



121以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 21:57:51.91 ID:YyhBmELm0
否!淑女だからこそこの下下着つけていない恥じらいというものが期待できるというものだろう!



122以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:00:05.53 ID:PO9ypmqz0
バナージ「リディ少尉、貴方はマリーダさんの経歴を気にしないと言ってくれましたね」

リディ「あ、ああ。あれは事実だ」

バナージ「ええ、わかっています。でも、ここだけの話、気にしないなんて無理なんですよ」

リディ「そんな、バナージ……君に限ってそんな……」

バナージ「僕は、マリーダさんが大好きです。愛していると言っても構いません。しかしそこにいくばくかの同情と憐憫の念が入っていないかと問われれば、僕は口をつぐまざるを得ません……。
マリーダさんのことは好きです。大好きですが、その悲痛な過去も一部として愛してしまっているのも認めないわけにはいかないんです……」

リディ「歯ぁ食いしばれ!!! この、下種野郎!!!」バキッ

バナージ「ぐっ」

リディ「お前はそんなこと言っちゃいけないんだ! お前はバナージ・リンクスだろう? バナージはそんなこと言わない!」

バナージ「そうでした……今のは忘れて下さい」

マリーダ()



123以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:01:32.50 ID:pSr3TzJb0
バナージはそんなこと言わない



125以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:03:59.32 ID:+C5kPGyN0
しかしバナージとマリーダさんがイチャイチャするってことは・・・まさか



126以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:04:03.10 ID:PO9ypmqz0
リディ「それで、実際のところは何故なんだ?」

バナージ「僕は、マリーダさんに淫売のような真似はさせたくなかった。だから、まずは靴下。まずは靴下なんです」

リディ「次にブラに行く可能性は十分あると?」

バナージ「もしも少尉が勝ったならあるいは……」

リディ「君が勝ったら?」

バナージ「……上着です」

リディ「もっぺん、歯ぁ食いしばれ!!」

バナージ「スケブラ見たくたっていいじゃないですか!!!」

マリーダ「まだお前らが勝つと決まったわけでもなかろう」



130以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:06:40.16 ID:LAkx089S0
リディは一体なんなんだよwww



131以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:07:09.98 ID:+C5kPGyN0
>>130
性欲を持て余す



132以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:10:57.01 ID:PO9ypmqz0
バナージ「くそ、今のは殴られ損だ……」

リディ「よく見ておけバナージ」

バナージ「靴下だけ履いてないマリーダさんをですか? ……いいですよね、素足」

マリーダ「この程度のことで、あまり見るな。逆に恥ずかしい」もぞもぞ

バナージ「………!」カーーン!

リディ「バカバカ!! 違ぇよ!! 今から俺がひん剥いてやるっつってんだよ!! 最初はグー!!!」


____ジャンケン……!!


リディ「負」
バナージ、バナージ「「>>134」」



134以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:12:20.47 ID:+C5kPGyN0
チョキ



137以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:14:04.05 ID:+C5kPGyN0
ちょっと待ってバナージが質量を持った残像してる



138以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 22:14:36.41 ID:epe+nqIG0
リディ負け確定なんかw



140以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:20:45.42 ID:PO9ypmqz0
リディ「まだだ……まだ終わらんよ……!」ちょきちょき

バナージ「ズボンでも、脱いでて下さい」

リディ「いや……ズボンはマズイ」

バナージ「男がパンツくらいで恥ずかしがらないで下さいよ。気持ち悪い」

マリーダ「……七光りお前、割と馬鹿なんだな」

リディ「言うなよ……オードリーが見てる」

オードリー「全く見てません。もはや目を合わせる気すらおこりません」
バナージ「?」

マリーダ「こいつは今ノーパンなんだろう」

バナージ「!? へ、変態!!」

リディ「ウフッ☆」チラッ

女性陣____ドン引き

リディ「くっそぉ! 何故アンジェロ大尉と同じ状況になれない!!」

バナージ「人間性かと」
マリーダ「単純に、こいつには魅力がない」
オードリー「ボンボンですからね」

リディ「クソがっ! 素直に上着脱げばいいんだろ!」



141以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:26:46.27 ID:PO9ypmqz0
バナージ「しかし、盛り上がって来ましたね」
持ち点5

マリーダ「こいつが喚いているだけだろう」
持ち点5 -靴下

リディ「クソッ! その減らず口も今に聞けなくしてやるからな!」
持ち点2 肌着とズボンのみ着用

バナージ「はいはい、少尉殿。音頭をお願いします」

リディ「くそっ! さっきのようにはいかないぞ! 最初はグー!!!」


____ジャンケン……!!


バナージ「>>142」
マリーダ「>>143」
リディ「>>145」



142以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:27:56.63 ID:cw3Bnx6NO
パー



143以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 22:28:06.80 ID:pCRGdf620
ぐー



144以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 22:28:31.31 ID:SgyX5I7G0
ちょに



145以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:28:35.94 ID:gBlaR/IA0
グー



148以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:32:27.43 ID:YyhBmELm0
ニュータイプ能力発揮しまくりだな



149以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:34:15.74 ID:PO9ypmqz0
リディ「あいこでっっっ!!!」


バナージ、マリーダ「「>>150」」
リディ「>>151」

次からあいこになるとリディが負けます
気をつけて下さい



150以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:35:42.03 ID:+C5kPGyN0
パー



151以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:36:24.18 ID:gBlaR/IA0
チョキ



154以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:45:11.54 ID:PO9ypmqz0
リディ「勝った……。俺が、ニュータイプに……」

マリーダ「ついに泥が着いたなバナージ」

バナージ「マリーダさん、どこを脱いで欲しいですか」

マリーダ「どこでもいいさ」上着ぬぎぬぎ

リディ「ちょ、ストップ!! 待て、まだ脱ぐなよ!」

バナージ「はい」

リディ「あ、いや、お前は脱いでいいから……」

バナージ「え、はい。ではさっき少尉は足先寒そうだったので上着でも」

マリーダ「華奢だな」

バナージ「恥ずかしいです……」

マリーダ「ふむ」ペタペタ

バナージ「ちょっ、二の腕くすぐったいですよ! マリーダさん!」

リディ「……なんかもう、勝敗とかどうでもいいから帰りたくなってきたぞ!」



155以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:46:07.83 ID:PO9ypmqz0
リディ「ええぃ、まぁいい! 勝者の特権としてマリーダ・クルス中尉に要求する! >>158を脱ぐんだ!!」

マリーダ 残り5点
上着、ズボン、肌着、ブラジャー、ショーツ
その他どこでもいいが、点数は-1とする



160以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:48:19.75 ID:+C5kPGyN0
ブラだな
中を抜くというのが



161以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:51:38.94 ID:cw3Bnx6NO
ブラ、上着を脱がせ透け乳首を堪能する作戦か



163以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:53:35.13 ID:PO9ypmqz0
リディ「ブラジャーを脱ぎたまえ」

マリーダ「ああ。好きだなお前も」ゴソゴソ

リディ「ふふん……ちょ!! ストップストップ!」

マリーダ「なんだ、心底うるさいやつだな」

バナージ「いや、マリーダさん、僕からも言わせて下さい……その脱ぎ方は、違う」

マリーダ「? 上を脱がないとブラが外せないじゃないか」

リディ「わざわざ先に奥まった衣服を選んだ意味くらい考えろよ!! 白痴かお前は!」

マリーダ「? じゃあどうすればいいんだ? わからないよ」

バナージ「……どうします?」

リディ「……バナージ、君が教えてやってくれ」

バナージ「え、いいですけど」



164以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:54:31.59 ID:nAqsFw8g0
ところで>>141はあいこじゃなくないか?



167以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:59:21.15 ID:PO9ypmqz0
>>164
あ、マジだ。
で、でも、脳内ではそんなレス乞食みたいな飛ばし安価したつもりはなかったからもーまんたい!!



165以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 22:57:54.11 ID:PO9ypmqz0
バナージ「でも、少尉が勝ったんだから教えて差し上げればいいじゃないですか?」

リディ「僕は……遠慮する」

オードリー(………)

バナージ「はぁ」


____マリーダ「服を着たまま外すのか? どうやって」
____バナージ「えーと、僕も詳しくはわからないんですが……」


リディ「…………」

オードリー「いいでしょう。マリーダは」

リディ「えー、なんのことだーい?」

オードリー「あんなことを手取り足取り教えてあげたら好きになってしまいかねませんものねぇ?」

リディ「そ、そんなことぉ!///」



169以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:09:49.90 ID:PO9ypmqz0
マリーダ「わかった。やっとお前達の言わんとしたことを知れたよ。全く、理解に苦しむ」

バナージ「お願いします」

マリーダ「あぁ。全く仕方がないやつらだ……」ゴソゴソ

リディ、バナージ「「…………」」ドキドキ

マリーダ「あ、そう言えば」ピタッ

リディ(中途半端なところで止まらないでくれ……。目のやり場に困る)

バナージ「なんです?」爛々

マリーダ「脱いだ下着は、出すんだよな。これはその七光りにやらないといけないのか?」もぞもぞ

リディ「ぶふぉっ!!」



170 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 []:2012/02/27(月) 23:10:43.87 ID:PO9ypmqz0
オードリー「私が預かります」

バナージ「せめて、そこらへんに安置しておくべきじゃないかな?」

オードリー「駄目です!」

バナージ「なぁ、オードリー」

オードリー「何を言われても聞けません!」

バナージ「なんで君はここにいるんだ?」

オードリー「…………ひっ」

リディ(こいつたまに酷いこと言うよな。泣ながら出て行ったぞ……)

マリーダ「まったく、姫様をいじめるのもいい加減に……んん?」背中

リディ「!!?」



171以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:17:41.67 ID:PO9ypmqz0
マリーダ「あーこれ、見えないようにした方がいいのだろう?」背中

バナージ「出来るだけ」目ギンギン

リディ(あの傷……火傷……。報告書では読んだが、やはり生の傷を見ると心にくるな……)

マリーダ「とても面倒だよ」

バナージ「どこまでいけましたか?」

マリーダ「後ろのホックはすぐに外せたのだが、いかんせんうまく取り出せなくてな、服がピッタリ過ぎていけない」

リディ
(マリーダ「後ろのホックはすぐに外せたのだが、うまく取り出せない」
マリーダ「後ろのホックはすぐに外せたのだが、うまく取り出せない」
マリーダ「後ろのホックはすぐに外せたのだが、うまく取り出せない」
マリーダ「後ろのホックはすぐに外せたのだが、うまく取り出せない)

リディ「手伝おうか?」

バナージ「さっきまで神妙な顔していた人が何を言ってるんですか」



173以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:20:36.50 ID:iBuws4UF0
いや、俺が手伝うよ



174以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:21:17.74 ID:PO9ypmqz0
マリーダ「厳禁なやつだ」ズリズリズリ

マリーダ「そら、これが欲しかったんだろう?」ポイッ

リディ「わっ!」キャッチ

バナージ「い、いけません! マリーダさん!」

リディ「………」

マリーダ「匂いを嗅ぐな」

バナージ「オードリーがいなくなったからって、やりたい放題だよこの人……」



175以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 23:22:25.56 ID:edEbZ7LG0
こいつら最低だww



177以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:25:54.64 ID:PO9ypmqz0
リディ「わ、わが人生にいっぺんの悔いなーーーし!!」

バナージ「え、貸してくれるんですか? 持っていればいいのに」クンクン

バナージ「お前もか。全く、二人揃って……」

バナージ「なんだろう、とっても無臭ですこれ」クンクンクンクンクンクン

リディ「な、なにやってんだお前っ!」ぺしっ

バナージ「いや、だって、もうあったかくもないし……このブラからマリーダさんを探すにはもうこれくらいしか」

マリーダ「本人がここにいるじゃないか」

リディ「さーて、勝負はまだ終わってないぞー!」



179以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 23:30:38.88 ID:epe+nqIG0
盛り上がってまいりました



180以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:31:11.26 ID:PO9ypmqz0
リディ「僕もそろそろ下半身がスースーして女の子になってしまいそうだ」

バナージ「なんでスースーすると女の子になるんですか?」

リディ「ほら、あれだよ、スカート履いてる気分さ」

バナージ「なるほど」

マリーダ「確かにあれはスースーするな。落ちつかない」

リディ「!? (バナージ! 次はパンツだ)」シュビピーン!

バナージ「嫌です。僕はズボンがいい」

リディ「くっ……! このわからずやぁ!!!」



181以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:31:39.22 ID:PO9ypmqz0
リディ「行くぞ!」

____最初はグー!!!

ジャンケン……!!


バナージ「>>183」
リディ「>>184」
マリーダ「>>185」



183以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:33:10.94 ID:OLIfGr020
ぐー



184以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:33:15.28 ID:YyhBmELm0
ちょき



185以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:33:28.04 ID:OLIfGr020
ぱー



186以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:35:15.29 ID:PO9ypmqz0
リディ「あいこでっっ!! (気合!!!)」




リディ「>>149」
バナージ「「>>187」」



187以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:35:30.31 ID:+oVAkyWL0
ぐー



190以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:36:59.07 ID:qxIW/kA50
安価ミスってない?



194以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:44:05.64 ID:PO9ypmqz0
>>190
負けってことだよ



192以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:43:24.29 ID:PO9ypmqz0
リディ「ちくしょう……ちくしょぉおおおお!!!」

バナージ「棄権してください! 棄権してください! リディ少尉!」

リディ「馬鹿野郎! 男が今更引けるかよぉ!!!」シャツ脱ぎっ

マリーダ「なんだ。二の腕を見ても思っていたが、割といい体をしてるじゃないか」

リディ「……ふっ、中尉こそ」

バナージ「爽やかにセクハラしないでください。というかもうさっさと死んでください」

リディ「俺は棄権しない! 死ぬまで闘う! だがまだ死ねん! 死ねないんだぁ!!」

マリーダ「勇ましいな。しかし未だにバナージがマイナス1点というのは、煮えきらないな。せめてあと二三枚はいきたいものだ」

リディ「そこで提案なのだが」



196以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:49:44.28 ID:PO9ypmqz0
リディ「もしもバナージとマリーダさんが残った場合、君たちは最後まで真面目にやる気はあるのか?」

バナージ(今さりげなく名前で呼んだぞこいつ)

マリーダ「バナージ次第だな」

バナージ「僕ですか? というか、僕はマリーダさんをジャンケンで脱がせたいわけですけど、マリーダさんは僕の裸なんて見たいんですか?」

マリーダ「そうでなきゃこんなゲームを長々としていないさ」

バナージ「なら答えは一つです」

リディ「………」

マリーダ「で、何か案でもあったんじゃないのか?」

リディ「イヤ、ナンデモナイデス……」

バナージ(タッグマッチにしようとでも言いたげだったな)

バナージ(どうしたものか……>>197)



197以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 23:49:50.10 ID:j5fTqBc10
ミネバはZの時だったら興奮してた



198以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 23:50:47.29 ID:j5fTqBc10
ごめん
安価なら下



199以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:52:00.96 ID:YyhBmELm0
じゃあタッグで



201以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/27(月) 23:55:05.10 ID:PO9ypmqz0
一方そのころ、ネオジオン本営


フルフロンタル「………ふむ」

『純白の下着姿のミネバの後ろ姿(体育座り)を写した写真』

フルフロンタル「これでは一体誰だかわからん……。それに」

ビリッビリッ……

フルフロンタル「ミネバ様はやはりグリプス戦役の頃が至上であったな。おい、カメラを用意しろ」カポッ

兵(このロリコンハゲ……)







205以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/27(月) 23:58:06.33 ID:epe+nqIG0
まだだ、まだおわらんよ!



206以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:00:22.49 ID:Mwi+UhO3O
ええい、マリーダさんが裸になるまでは!



207以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:00:41.81 ID:3fDV8dun0
終わりにするわけにはいかんだろ?



208以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:01:28.46 ID:FZtttu4y0
動け>>1!!なぜ動かん!!



210以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:06:10.50 ID:IruNK9Z90
リディ「……ジャンケンを続けよう」

バナージ「あとちょっとなようで全く終わりが見えてきませんね」

マリーダ「私が面倒な脱がされ損じゃないか、もう少しやらせろ」

バナージ「なんか、もう、さっきのブラジャーで燃え尽きた感が……素足だし」

リディ「お前だけだぞ。まだ靴下履いているのは」

アンジェロ「まだやっていたのか、貴様ら……」

バナージ「ええ、なんかもう、クタクタですよ」

アンジェロ「私の知ったことではない」



213 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 []:2012/02/28(火) 00:10:33.37 ID:IruNK9Z90
マリーダ「ロニは?」

アンジェロ「成仏したよ。ふん、いい格好になったな、マリーダ中尉」

マリーダ「外見はそう変わらないと思われますが」

アンジェロ「素足は良い……大佐も素足にブーツを履くべきなのだ……」

リディ「というか、お前何しに戻ってきたんだよ」

アンジェロ「貴様にお前呼ばわりされる覚えはない。これを渡しに来た。一応、約束だったからな」

マリーダ「………これは」

アンジェロ「ズラを外した大佐のプロマイドだ。もしも複製しようものなら地球ごこ滅ぼすと知れ」

バナージ「気持ち悪いもの見せないで下さい!」

アンジェロ「き、貴様ぁ! 私が欲しいくらいなのだぞ!」

マリーダ「やる、証は見た」

アンジェロ「本当か!?」

リディ「いいからもう帰ってくれよ……」



214以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:11:38.91 ID:IruNK9Z90
新規増えたと思ったら自分もID変わってることに気づいて愕然とした……



215以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:14:03.74 ID:IruNK9Z90
リディ「さぁああああっっ!! テンション上げてくぞぉおお!!」

バナージ「うぉおおお!!!!」

マリーダ「最初はグー」

リディ「ちょ、待てタンマ!」

バナージ「まだ心の準備が!」


____ジャンケン……!


マリーダ「>>216」
バナージ、リディ「「>>217」」



216以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:14:45.77 ID:FZtttu4y0
>>214まあ、見てるひとは居るから



217以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:14:52.91 ID:3fDV8dun0
パー



218以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:15:29.61 ID:FZtttu4y0
ごめんなさい・・・



221以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:19:14.60 ID:IruNK9Z90
マリーダ「あ」

バナージ、リディ「「パー」」

マリーダ「すまない、自分で音頭をとっておきながら、出し損ねてしまった……」

バナージ(なんだこの可愛い生物は)

マリーダ「こういう場合はやはり、ペナルティなのだろうな」ゴソゴソ

バナージ「うーん……どうします? リディ少尉」

リディ「>>222」



222以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:19:47.21 ID:pK3kKkhu0
ぐー



226以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 00:20:26.10 ID:BkRt3+L50
安価がgdgdになってきたなw



228以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:21:27.07 ID:FZtttu4y0
脱げばいいと思う



230以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:25:31.13 ID:IruNK9Z90
リディ「グーだ……」

バナージ「え?」

リディ「僕はさっきグーを、出したと言ったんだ!!!」

マリーダ「お前、そんなに全裸になりたいのか?」

バナージ「かっこよくも、なんともありませんよ?」

リディ「グーだ! グーったらグーなんだーー!!」

マリーダ「煩いよ七光り」

リディ「なっ……!?」



232以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:27:08.98 ID:ASKbiw2J0
ヤケクソリディ坊ちゃん



235以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:31:27.80 ID:IruNK9Z90
マリーダ「お前如きに同情されるのなど不愉快だ。カッコつけないなら勝って格好をつけてみろ。そんなチンケな自己犠牲で同じくらいチンケな自尊心を満足させるのなど反吐が出る」

リディ「くっ……」

マリーダ「今のは私のルール違反だ。ペナルティの一枚を脱ぐ。それでいいな」脱ぎ脱ぎ

バナージ「待って下さい!!」

マリーダ「心配するな。ちゃんとズボンを脱ぐ」すっすっ

バナージ「はい!!!」

リディ「僕は……一体何をしているんだ……」

バナージ、残り4点 -上着のみ
リディ、残り1点 残り、ズボンのみ
マリーダ、残り3点 残り、上着、シャツ、パンツ



236以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:33:10.10 ID:FZtttu4y0
バナージwww



238以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:40:22.44 ID:IruNK9Z90
リディ「………」

バナージ「少尉、元気出して下さい。ほら、マリーダさんのパンツ、見えそうで見えませんよ」

リディ「結局見えないんじゃないか……」

マリーダ「全く、困ったやつだな。バナージ、さっきズボンを脱ぐと言ったな。あれは撤回だ」

バナージ「えぇ~~!?」

マリーダ「男の子だろ。少しくらい我慢を覚えろ。私は上着を脱ぐ」

マリーダ、残り、肌着のシャツ、ズボン、パンツ

マリーダ「お前はこれを着ろ、情けをかけてくれた仕返しだハンデをやろう」

リディ「………」

マリーダ「受け取れないとは言いまいな……?」

バナージ「リディ少尉……」

リディ「バナージ、音頭を!」

バナージ「……はい!!」



239以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:41:47.64 ID:IruNK9Z90

____最初はグー!!!

ジャンケン……!!


バナージ「>>243」
リディ「>>244」
マリーダ「>>245」



243以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:43:01.02 ID:Pu14ElRj0
グー



244以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:43:12.69 ID:zNnhicRE0
ちょき



245以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 00:43:15.16 ID:IooQmsvM0
チョキ



248以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:44:50.86 ID:FZtttu4y0
バナージつええww

そして少尉よええ



249以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:46:04.61 ID:Mwi+UhO3O
ニュータイプ能力全開だなバナージ



250以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:48:41.24 ID:IruNK9Z90
バナージ「グー」
リディ「チョキ」
マリーダ「チョキ」


バナージ「ふっ、また勝ってしまった」

マリーダ「お前には、かなわないな……」

リディ「すみません、せっかくのハンデを……」

マリーダ「いい、気にするな。ズボンでいいか?」

バナージ「とりあえず、その胸を隠している手を退かして下さい」

マリーダ「……ふふっ、楽しみは後に取って置くものじゃないのか?」腕組み

バナージ「くっ、それなら要求します! >>255」

マリーダ、残り、肌着のシャツ、ズボン、パンツ



255以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:50:54.47 ID:PuznhWX70
肌着



257以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:52:18.21 ID:ds9byDQ2O
なぜパンツじゃない
透け乳首、ノーパンズボンのチャンスなのに



258以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 00:52:49.08 ID:BkRt3+L50
このバナージやりおる・・・



259以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 00:54:53.88 ID:IruNK9Z90
バナージ「シャツです。アンダーシャツを脱いで下さい、マリーダさん!」

マリーダ「構わない。でもいいのか? 目先の利益にとらわれて、本質を見失なってやいないか?」

バナージ「いや、ジャンケンに運以外の要素なんて無いでしょう」

マリーダ「それもそうだな。……後ろを向いてもいいかな」

バナージ「お願いします」

マリーダ「お願いしますか……ふふ。……おっと、こっちにはリディ少尉がいたのか、いけないいけない」

リディ「!?」



261以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:02:54.66 ID:IruNK9Z90
____マリーダ『私に勝て……』

リディ(今、確かにそう聞こえた……。口も動かさず、一切なんのジェスチャーもしなかったが、確かにそう聞こえたんだ)

マリーダ「こういう場合、どこを隠せばいいんだ?」

バナージ「と、トップを」バックンバックン(心音)

マリーダ「しかしこれでは、ジャンケンが出来ないな」

バナージ「片手で、何とかなりませんか?」

マリーダ「ううん、こぼれそうだが、勢いをつけなければ……」

バナージ「おっほっ」

リディ(これが、ニュータイプの感覚というやつなのか……?)

____リディ、まさかのよそ見。残るチャンスは後一回かも知れぬのに

リディ(次に彼女の出す手がわかる! わかるぞぉ!)



265以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:06:32.98 ID:IruNK9Z90
バナージ「さぁ、リディ少尉、そろそろ引導を渡して差し上げますよ!」

リディ「………」キィィィィィン…

バナージ(何だ、どこかおかしい)

マリーダ「ふっ……」

バナージ「(くそっ、早めにケリをつける!) 最初はグー!!」


ジャンケン……!!

バナージ「>>267」
マリーダ「>>268」
リディ『?』




267以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:07:20.10 ID:3J+rpobl0
ぐー



268以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 01:07:32.70 ID:IooQmsvM0
チョキ



271以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:13:35.08 ID:IruNK9Z90
バナージ「グー」
マリーダ「チョキ」
リディ『グー!!』

マリーダ「なんだと……」

リディ「これでも、これでも、まだ勝てないと言うのか!!!」

バナージ「ふう……運はまだ僕に味方しているようですね……」

マリーダ(運だと、そんなチャチなものじゃない!)

リディ(これはもはや、運命……! 俺たちは、負ける未来しか定められてはいないのか……!)

バナージ「命拾いしましたね、リディ少尉。でもマリーダさん! 貴女は違う。次は>>275を脱いで貰いますよ」

マリーダ残り衣服、ズボン、ショーツ



272以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:14:22.63 ID:ASKbiw2J0
これは悩む



273以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:14:46.27 ID:Mwi+UhO3O
ショーツ



276以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:21:12.12 ID:IruNK9Z90
バナージ「ショーツです。ズボンは飛ばしてパンツ脱いで下さい」

マリーダ「まったく、さっきの持論はどこへいったのやら……」

バナージ「勝者の余裕と言うやつですよ」

マリーダ「わかったわかった、少し待ってろ、向こうで着替えて来る」

リディ「待った」

バナージ「? 何です、ノーパンの少尉殿」

リディ「ハンデの返却を申し入れる」

マリーダ「お前」

リディ「違います。さっきとは意味が違うんです、マリーダさん、わかって下さい。僕には……バナージには勝てない」

マリーダ「また弱音を吐くのか?」

リディ「さっきの勝負!」

バナージ「……」

マリーダ(……確かに私はこいつに勝てと念じた)

リディ「このハンデ返却は上着の件ではないのです。受け取って下さい……そして、どうかその手に勝利を」

マリーダ「………いいだろう。引き受けた」



277以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:26:27.81 ID:IruNK9Z90
バナージ「で、この場合、少尉のズボンと履き替えるんですか?」

マリーダ「それは気色悪いからゴメンだな」

リディ「………」ぬぎっ

バナージ、マリーダ「「…………」」

バナージ「なんというか、意外にもこのゲーム初まって二人目の完全敗北ですね」

マリーダ「…………うっ」

バナージ「……マリーダさんの気分が優れないようなので、少尉、もう服を着ていいです。僕も正直、どの面下げていきり立たせているのか理解出来ないし、とても不愉快です」

リディ「もう、本当、なんか、ゴメンナサイ」ビンビンッ



278以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:28:24.88 ID:ASKbiw2J0
ひっでえwwwwww



281以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:32:31.03 ID:IruNK9Z90
バナージ「ついに、ついに、ここまで来ましたね……」

マリーダ「早くすまそう。嫌なことを思い出した」

バナージ「あの変態は帰りましたよ。ここには僕らだけです。オードリーだっていません」

マリーダ「……なぁもうよさないか。見たいなら見せてやるから」

バナージ「駄目です! 今まで散っていった同胞が、応報せよ、裸にヒン剥けと叫んでいます。そして、その結果は、勝負によって果たされねばなりません! 戦って下さい! そして僕に全部見せて下さい!


マリーダ「どうしてもやるのか……」

バナージ「ええ、もう、止められないんです。自分自身を……」

マリーダ「そうか、なら、1つ提案がある」

バナージ「?」

マリーダ「寒いからとりあえず暖房つけてもいいかな」ブルブル…

バナージ「え、ええ。もちろん!」



283以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:33:50.95 ID:BAUAuMrS0
見せてやるよと言ってくれるマリーダさんが嬉し悲しい…



284以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:35:57.99 ID:IruNK9Z90
マリーダ「部屋があったまるまで話でもしようか、バナージ」

バナージ「話……ですか?」

マリーダ「あぁ、そうだ。寒過ぎて動けそうにない」

バナージ「何か着るものでも……」

マリーダ「そうだな。ちょっとこっちに来てくれないか」

バナージ「は、はい」



285以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:36:16.39 ID:BAUAuMrS0
バナージの童貞喪失はマリーダさんであるべきだよね(´・ω・`)
オードリーとかないわぁ



286以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:36:23.33 ID:IruNK9Z90
おしっこと着替え



292以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:47:44.93 ID:3fDV8dun0
寝落ちてないよな?



293以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 01:49:08.45 ID:IooQmsvM0
寝落ちしたとしてこのまま悶々としながら寝るのもまた一興



294以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:51:08.17 ID:07x8p5Ve0
追いついた
なんてバカスレ



295以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:52:00.26 ID:IruNK9Z90
歯も磨いてた



296以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:52:02.36 ID:ooFwEFx10
早く書け!可能性に殺されるぞ!!



297以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 01:52:05.58 ID:BkRt3+L50
>>1
あと少しだ、がんばれ!



298以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:52:07.89 ID:Mwi+UhO3O
最後を見るまでは寝れない



301以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:57:46.90 ID:IruNK9Z90
バナージ「とりあえず、僕が抜いだ上着なんかでも、これはハンデじゃありませんよ」

マリーダ「バカだな。そんな謀りごと考えてないよ。もっとこっちにこい」

バナージ「え、で、でもこれ以上は……わっ」

マリーダ「漸くお前を捕まえたぞ……バナージ」

バナージ「な、何を!? ふざけないで下さい! まだ勝負はついていませ……?」

マリーダ「いや、もう、ついているんだよ。とっくの昔にね」

バナージ「……」そっ

マリーダ「んっ」

バナージ(冷えてるなんてレベルじゃない。鳥肌も立っていないのに、肌が……氷のように冷たい)

マリーダ「私は、私たちは、もうずっと前に死んでいたんだよ……」



302以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 01:59:29.95 ID:BAUAuMrS0
なん、だと



307以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:01:58.44 ID:Mwi+UhO3O
!?



309以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:02:09.86 ID:IruNK9Z90
マリーダ「すまないな。もう私には、お前を抱きしめることは出来ても、温めることはできないんだ……。とても、残念だよ」

バナージ「そんな……そんなことって」

マリーダ「お前の体は温かいよ、バナージ。きっとお前は未だ、生きているんだな」

バナージ「マリーダさん!」

マリーダ「何?」

バナージ「え、いや、その、他の人たちも死んでたんでしょうか?」

マリーダ「さぁ、ミネバ様は温かかったような気がしたが」

バナージ「オードリー……」



310以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:03:14.78 ID:IruNK9Z90
まさか>>177のブラジャーが伏線だったなんてな……



312以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:04:58.79 ID:431zU9uXO
>>310
そういうの自分で言っちゃダメだろwww



313以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:09:25.37 ID:IruNK9Z90
マリーダ「バナージ、私の手を握ってくれないか……?」

バナージ「はい……」ギュッ

マリーダ「ふふふ……負けてしまった」

バナージ「また、勝ってしまいましたよ」

マリーダ「だから、もう、これでこの夢はおしまいだ」ふわっ

バナージ「まだです……」

マリーダ「おしまいなんだよ」

バナージ「まだ、リディ少尉が残してくれた一点があります!」

マリーダ「そうだ……だがそれはお前が持って行け。五体満足で帰れるようにな」

バナージ「そんなっ、俺は、まだ、マリーダさんと!」

マリーダ「そして、最期の一点は、私達の記憶、どうか、バナージ、私達のことを」



____忘れないでいてくれ



315以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:09:38.02 ID:BAUAuMrS0
部屋はなんのためにあたためたのか…



317以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:11:34.42 ID:IruNK9Z90
さみーからだろ!



316以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 02:11:15.13 ID:BkRt3+L50
まさかのシリアスエンドか?



320以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:17:46.23 ID:IruNK9Z90
____

CAUTION!! CAUTION!! CAUTION!!

バナージ「……っく」

バナージ「ここは、ユニコーンのコックピットか……」

バナージ「右腕、動く……。左腕も無事」

バナージ「右足、うっ、左足……」

バナージ「生きている、うううっ、まだ生きているんだ!」

バナージ「そして、記憶は心の中に! 心はまだここに!! ここにあるんだ!!」

バナージ「ガンダム! 俺に、俺たちに……!」


____生きて、また、野球拳を……!!


完結



324以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:20:32.50 ID:zNnhicRE0
リディの記憶は消してやれよ…
乙!



326以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[]:2012/02/28(火) 02:24:01.99 ID:FZtttu4y0
一度離脱して再度見にきたら感動作になっていたでござる・・・



327以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage]:2012/02/28(火) 02:26:07.90 ID:BkRt3+L50
乙!
ゆっくりと休んでくれ!


機動戦士ガンダムUC (特装版) (初回封入特典「デルタガンダム」ダウンロード用プロダクトコード同梱)機動戦士ガンダムUC (特装版) (初回封入特典「デルタガンダム」ダウンロード用プロダクトコード同梱)
PlayStation 3

バンダイナムコゲームス 2012-03-08
売り上げランキング : 13

Amazonで詳しく見る by AZlink
機動戦士ガンダムUC 5 [Blu-ray]機動戦士ガンダムUC 5 [Blu-ray]
内山昂輝,藤村歩,浪川大輔,古橋一浩

バンダイビジュアル 2012-06-08
売り上げランキング : 12

Amazonで詳しく見る by AZlink
関連記事

[ 2012/02/28 11:55 ] SS | TB(0) | CM(1)
実にニヤニヤさせて貰った(・∀・)


つーか誰か参考画像貼r(ry
[ 2012/07/09 23:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
スポンサードリンク